サービスのスペックとしての速度は最大でも150M程度

実際にはスマホにSIMをセットしただけではインターネット接続できないのです。

これは、スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていないためです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMの場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

通常、帯域がしっかりしていれば利用者が増加しても、速度低下に陥ることがなく、設備にきちんと投資をしていれば、データを安定して処理できるのでアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。

したがって事業者を選定の際には、価格だけでなく安定したサービスを提供出来るMVNOを選択した方が良いことが分かります。

スマホや外でも接続できるタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、ロックされていないSIMロックフリー版がある。

ドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアが販売しているスマホやタブレットは、SIMカードは他社のカードが使えないSIMロックがかけられています。

でも、SIMロックがかかっていたとしても、ドコモの端末であれば、docomoのネットワーク回線を利用しているMVNOのSIMを利用することができます。

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。

よく分からない会社のサービスは不安という方や、メインで使っていけるきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、ドコモやauが提供しているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。

格安SIMを使うことができた場合、携帯代の削減ができます。

通常だと7000円から9000円ほどかかる費用が、格安SIMだと月々1000円という費用になることも。

一度、プランニングしてみても良いかもしれません。

安くデータ通信ができる「格安SIM」。

月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。

LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、インターネットやメールは問題なくできます。

今、格安SIMを販売している多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。

そのため、サービスのスペックとしての速度は最大でも150M程度など、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。

でも、実際に速度を比較してみると提供元によって違うことがあることに気づきます。

例をあげると、利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。

多くのサービス提供元も同一のドコモ回線を使っているのにどうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。

どうしてかというと通信速度は、回線の帯域である太さと設備のところに影響を受けるということがあります。

「帯域の太さ」と「通信設備」は仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。

そもそもSIMとは、NTTdocomoでは、UIMカードau(KDDI)では「au ICカード」、ソフトバンクでは「USIMカード」という名前のIC型のカードのことです。

携帯電話に、ドコモなどのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、より安い料金で使えることが多いため、かなり注目されているわけです。

iPhoneで格安SIMを使いたい人はいると思います。

NTTドコモの回線を借りている会社であれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。

でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものはそのままでは使えません。

その場合は、SIMフリーのiPhoneを購入するか、ロックを解除する、下駄などを使って何とか認識させることになります。

あわせて読むとおすすめ⇒おすすめの格安SIM。通話もできる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です