ページの本文へ

Hitachi

Select Country/RegionJapan

日立グループの
製品・サービス

日立グループの
企業情報

株式会社 日立ソリューションズ

日立ソリューションズ『コストマネジメントソリューション』のシステム、サービス概要・価格や、解決出来る課題についてご紹介します。

コストマネジメントソリューション

「製品開発初期段階のコストの造り込み」から「量産後の原価改善」迄の組織的活動を強力にサポートします。

コストマネジメントソリューション 全体コンセプト

経営戦略策定・計画立案に貢献するコストマネジメントソリューション

製造業においては、世界規模の需要変動や価格競争の激化への対応として、グローバル最適化生産型での開発・生産・供給態勢を整えることが急務となっています。また、競争力をさらに高め、収益拡大と長期的な成長に有効な計画を立て、実行することが求められています。 精度の高い経営戦略策定・計画立案に貢献する、「製品利益計画を軸としたコストマネジメントシステム」をご提案致します。

製造業における、成長戦略の変遷

国内生産・海外輸出の時代

  • 開発・生産拠点は国内中心
  • 先進国市場へ製品力で販売拡大
  • 経営計画は"作ったものを売って稼ぐ"
  • コストダウン戦略は工場の原価低減活動

グローバル最適化生産の時代

  • 拠点を海外展開、国内はマザー工場
  • グローバル成長市場で熾烈な価格競争
  • 経営計画は"売れるものを作って稼ぐ"
  • コストダウン戦略は製品設計~供給まで

グローバル最適化生産時代の経営課題とは?

コストマネジメントソリューションのご提案

地域戦略・技術戦略・製品戦略を反映した事業計画・製品利益計画作成、及び原価企画活動をコストマネジメントソリューションにより強力に支援します。

関連資料ダウンロード

詳細は下記をクリック願います。

事業計画、製品利益計画

コストダウン戦略を反映した高い製品別の売上・コスト・利益計画を作成し、事業計画へ自動展開

詳細はこちらから ▼

原価企画

原価企画の業務プロセスで必要とされる一連の機能をフレームワークとして提供

詳細はこちらから ▼

原価管理

生産に携わる経営者・管理者の実務に役立つ、精度の高い製品別原価情報をタイムリーに提供

詳細はこちらから ▼

グローバル
サプライチェーン設計

グローバルに展開したサプライチェーンの全体最適のご支援

詳細はこちらから

事業計画、製品利益計画 (CostProducer/PN)

製造業においては、グローバル化により世界規模の需要変動や価格競争の中で、経営実態を必要な粒度で確実に把握し、刻々と変化する経営環境やリスク要因を先読みした経営判断が求められています。製品利益計画パッケージは、「需要変動リスクを折り込んだ事業計画立案のフレームワーク」としてご活用可能です。

事業計画、製品利益計画における課題と解決手段

従来の国内生産・輸出時代に構築された「事業軸でのプロフィットマネジメントの延長」では、同一製品でも部材費・労務費・経費・通貨・管理粒度が異なるグローバル拠点のコスト積み上げ、製品毎に把握不能な製造外費用の合理的な配賦、および生産拠点の統廃合など利益増大策として計画された戦略テーマ効果の製品利益計画への反映等が非常に困難となっています。
グローバル最適化生産時代においては、『製品軸でのコストマネジメント構築』による、課題の解決をご提案いたします。

プロフィットマネジメント要件の変化

国内生産・輸出の時代グローバル最適化生産の時代

日立ソリューションズの事業計画、製品利益計画のご提案

日立ソリューションズは、グローバル競争を勝ち抜くための経営に貢献するしくみの一つとして、『製品利益計画で地域・製品別に売上・コスト・利益計画を作成し、同時に事業拠点毎のデータ積上げを行うことで、事業計画の売上計画・費用計画・利益計画を作成』を支援する「需要変動リスクを折り込んだ事業計画立案のフレームワーク」としてご活用可能なパッケージを提供します。

事業計画、製品利益計画パッケージの対象領域

「製品コスト構造の分析」、及び「製品採算シミュレーション」を可能とする「データ基盤」を提供します。

事業計画、製品利益計画パッケージの対象領域

原価企画 (CostProducer)

原価企画は、従来から製造コストを製品企画・開発段階でつくり込む活動として実施されてきましたが、同一製品でも生産拠点毎にコスト費目の消費量・単価・通貨が異なる等により、グローバル対応のコスト算出が困難となっています。
原価企画パッケージは、原価企画の業務プロセスで必要とされる一連の機能をフレームワークとして提供します。

原価企画における課題と解決手段

原価企画とは、製品の企画・開発段階から目標原価を設定し、VEなどの手法をとりまぜて、原価発生の4要素(人、材料、設備、エネルギー)の最適化を図る活動です。グローバル競争の中で市場ニーズを満たす機能・品質を実現し、"目標(あるべき)原価をつくり込む"ことの重要性が益々増大しています。

【目標原価設定の考え方】

市場価格から、目標利益を差し引いて、目標原価を設定する。

目標原価= 市場価格- 目標利益

原価企画は、多くの企業で実施されてますが、「コスト改善ノウハウが個人に偏在し、組織としての経験値が生かせない」、「改善検討時間がコスト積上げ計算に奪われている」、「活動成果を利益計画に即時に連動できない」等の課題に加え、需要変動・現地生産・材料費変動・為替変動等のグローバル時代への対応が課題となっています。
グローバル競争に勝ち抜くためには、組織による原価管理が必要であり、そのための『勝てる目標設定』、 『目標コストつくり込み』の見える化による、課題の解決をご提案いたします。

日立ソリューションズの原価企画へのご提案

日立ソリューションズは、グローバル時代の原価企画推進に役立つ『製品の市場投入に当たって、必要機能・品質の制約下で利益を最大化できる目標コストを設定し、その実現のために社内各部署(企画、営業、設計、生産技術、購買、等)が協力して、生産コストを最適化するための仕組み』をパッケージとして提供します。

原価企画パッケージの対象領域

原価管理 (CostACC)

原価管理は、財務会計処理をベースに仕組みが構築され、生産現場には後追いで情報提供されてきましたが、生産現場で製品原価管理をタイムリーに行うことが困難となっています。
原価管理パッケージは、生産に携わる経営者、管理者のマネジメントに役立つ機能を提供します。

原価管理における課題と解決手段

原価管理は、財務会計処理をベースに仕組みが構築され、生産現場には後追いで情報提供されてきましたが、現在では多岐の分析業務に利用され、目的に合った原価計算をタイムリーに行なう必要があります。

原価計算の入出力

原価情報の活用目的

《 組織 》 《 原価情報の活用目的 》
経営者 事業戦略の決定 事業損益の分析
営業部門 売価決定・見直し 受注可否判断 値引・販売促進 製品の改廃
購買部門 購買価格決定・低減 仕入先分析・決定
設計部門 設計改善 VE改善 内外製の決定・変更
生産管理部門 工程改善 設備投資計画
製造部門 不良低減 歩留向上 生産性向上 経費低減 作業改善
経理部門 予算編成 予算実績再分析 棚卸資産評価 製造原価報告

各部門が必要な視点における原価の情報を提供することにより、これらの課題を解決するだけではなく、原価企画と連携した原価の作りこみによる、課題の解決をご提案いたします。

日立ソリューションズの原価管理へのご提案

日立ソリューションズは、グローバル時代の生産に携わる経営者・管理者の製品コストマネジメント推進に役立つ、『原価企画と連携可能で、精度の高い製品原価情報をタイムリーに提供する原価管理機能』をパッケージとして提供します。

【原価管理パッケージの対象領域】

グローバルサプライチェーン設計

製造業においては、グローバル化により世界規模の需要変動や価格競争の中で、経営実態を必要な粒度で確実に把握し、刻々と変化する経営環境やリスク要因を先読みした経営判断が求められています。グローバルサプライチェーン設計は最適化技術を利用し、経営が必要とする情報を算出します。

グローバルサプライチェーン設計における課題と解決手段

製造業においては、グローバル化により世界規模の需要変動や価格競争の中で、経営資源を最大限に活用し、最大の利益を生むサプライチェーンの構築が求められています。
しかし、サプライチェーンは益々大規模化・複雑化しており経験や勘に頼る設計は非常に困難になっています。また、為替の変動や各FTAの締結など、サプライチェーンを取り巻く環境の変化が日々発生しています。

日立ソリューションズのグローバルサプライチェーン設計へのご提案

日立ソリューションズは、数理工学的アプローチにより、膨大な数(数億以上)の拠点配置案を自動生成し、コストや稼働率等により評価し、目的の経営指標が最大となる拠点配置案の算出を行ないます。

サプライチェーン設計に数理工学的アプローチを用いるメリット

最終更新日:2015年10月16日

https://progressive.ua

казино в интернете

бетон киев